知的財産でブランド化支援

特許権や商標権に代表される知的財産権は、今や企業の生き残りを懸けた戦略において、
外すことができない戦略となっています。

多くのメリット生む知的財産権

「知的財産権」には、技術的な創意工夫に含まれる発明、考案の創作者に与えられる「特許権」・「実用新案権」、デザイン対する「意匠権」、商標に対する「商標権」、また、著作物に対する「著作権」という権利があります。
知的財産を権利化しておくと次のようなメリットがあります。

●顧客に対する自社の技術力などの信用性が高まる。
●「模倣すると権利侵害になる」と、競合他社に対してけん制できる。
●その結果、市場において優位性を確保できる。
●侵害者に対し、差し止めや損害賠償の請求をすることができる。
●第三者にライセンスし、ロイヤリティを得ることもできる。
●行政や金融機関からの事業資金調達を有利にできる。

知的財産権 産業財産権

専任の弁理士との連携

多くのメリットを生む知的財産ですが、活用のための権利化には、特許庁への登録が必要(元から権利が認められている著作権を除く)であり、その手続きの難解さが企業にとって高いハードルとなっています。
そこで弊社では、お客様の商品・サービスのデザインやネーミング等の知的財産の制作だけではなく、専任の弁理士との連携により、知的財産の特許庁への出願・登録手続きのサポートを行い、知的財産権を活用したお客様のブランド価値向上・売上アップのお手伝いをしています。

お薬習慣カレンダー

お薬習慣カレンダー(特許申請中)
薬の管理が容易であるとともに、薬を入れた状態での取り扱いが容易である薬服用管理袋。折りたたみ、持ち運びが容易です。

風のゆらぎ

特許取得電気回路技術でまるでロウソクのように光が揺らぐ照明器具のイメージをネーミングとデザインで表現しました。

発達支援教材のブランド
「knock knock(ノックノック」

子ども達が教材を使用するシーンを思い描き「コツコツがんばる」という意味を込めてネーミングしました。ロゴのデザインも楽しく学べるイメージを表現しています。

企業ブランド、商品ブランド力

高いブランドイメージはそれを手にする消費者の満足につながり、また企業全体のイメージアップが形成されます。
さらに企業内にも高いブランドイメージを維持しようとする積極的な姿勢が生まれます。企業のコミュニケーションをブランド戦略としてサポートします。

ブランド資産


◆ブランド資産向上
《企業側価値》
①価格の安定、流通マージンの確保
②ブランド拡張によるシェアの向上
③流通経路への影響力と統制が向上

《顧客側価値》
①情報処理の容易性
②購買決定に確信が持てる
③使用上の満足感が高い

◆ブランド強化展開
【1】 店頭アピール
【2】 (副資材)包装紙・買物袋・しおり・化粧箱・シール
【3】 カタログパンフ
【4】 ホームページ
【5】 販促ノベルティ顧客固定化


Tags: /