「命」を吹き込む写真撮影

弊社では販促活動における写真の重要性から、自社で専属カメラマンによる撮影を行っています。
その際大切にしていることは、見る人の五感に訴えかけるシズル感を出すということです。



クオリティが結果を左右する

モノづくりにおいて、ビジュアル要素として「写真」を使用する場は非常に多く、デザイン要素のほとんどを占めるということも少なくありません。また見る人に届く情報の早さや強さのことを考えても、非常に重要な要素です。

特に写真のシズル感の善し悪しがそのまま訴求力に影響するのが、料理の写真です。料理など食品のビジュアルは、「美味しそう!」「食べたい!」という人間の本能的欲求をダイレクトに刺激するため、見せる写真のクオリティが、売れ行きなどの結果を大きく左右します。

そのため弊社では、料理そのものが持つ見た目の美味しさを表現するだけでなく、ライティングテクニックやデコレーションセンスを駆使しながら、匂いや、食感までもが伝わるような、より一層のシズル感を演出することを常に心がけています。

自社スタジオ完備

お客様のご都合に合わせた出張撮影はもちろん、納得できる品質を保ちながら、あらゆるビジネスで求められるスピード感にも対応するため、自社内に撮影スタジオも備えています。これにより、商品撮影、イメージ撮影、モデル撮影など様々な撮影ニーズに高い品質でお応えすることができます。

デジタルカメラの普及により誰でも手軽に写真が撮れる時代ですが、だからこそ、作り込んだ質の高い写真の訴求力が際立つのだとわたしたちは考えています。


Tags: /